PLOS Pathogensに論文掲載

喜多村晃一助教の論文『Uracil DNA Glycosylase Counteracts APOBEC3G-Induced Hypermutation of Hepatitis B Viral Genomes: Excision Repair of Covalently Closed Circular DNA』 がPLOS Pathogensに掲載されました。本論文は大学広報HPにも掲載されています。
logo
[NCBI]