PLOS Pathogensに論文掲載

2018年6月、PLOS Pathogensに喜多村講師の論文が掲載されました。ヒトのFEN1タンパク質が、B型肝炎ウイルスのcccDNA形成に関与することを示した研究です。

論文はこちら

以下のページで論文の解説をしています。
金沢大学研究トピック
AMEDプレスリリース

以下の新聞に掲載されました。
北國新聞 2018年6月22日(36面)
「ウイルス増加 仕組み特定 金大など研究グループ B型肝炎、新薬開発に光明」
科学新聞 2018年6月29日(1面)
「B型肝炎ウイルス複製に関わる酵素 金沢大が発見」