BBRCに論文掲載

2015年1月、学生AhasanさんのHPV16の論文がBBRCから公開されました。この論文では、子宮頸癌を起こす事でしられるパピローマウイルス16型のウイルス粒子形成プロセスにAPOBEC3が干渉し抗ウイルス効果を示す可能性が示唆されました。
1-s2.0-S0006291X15X00052-cov150h
[NCBI]